にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!by QOLT

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

いじめと戦うスネ夫

スネ夫の立場はさらに深刻!

恐らく、理想の高い彼からしますと、自分自身の中に誇れるものはありません。
スネ夫は、背が低いことに悩んでいます。
学校の成績は良くなくて、スポーツも目立った活躍はありません。
人気者で人格者で優秀な弟(アメリカ在住)や、憧れの従兄弟を持つと同時に、身内における劣等感にさいなまれています。
勝ち組両親の大きくて重い期待にも、日々苦しんでいます。
豪華なおやつに表れる母親の愛さえも、時には重く感じています。
ですから、親を悲しませないために、誇大し虚飾した自分の話をします。嘘をつきます。
スネ夫の自己肯定感が低いことは想像に難くありません。

家を出ても、苦しみばかりです。ラジコン等おもちゃで楽しく遊んでいたら、ジャイアンに取られてしまいます。
涙をこぼしながらも、身を守るため我欲を捨て、献上するというスタンスを取ります。

自己肯定感の低いスネ夫は、ほかにあまり友達がいません。ジャイアンに依存しなければ孤独です。スネ夫は、孤独な存在は狙われやすいということを知っています。
スネ夫の立場で、好きでもないのび太をかばえる子がどれだけいるでしょうか?ジャイアンの暴力の前に、ひとり敢然と立ち向かうのは、美しいけれども、無謀です。


親の望む我が子とは

多くのお母様方は「野蛮ないじめ加害者から、かわいそうな被害者を助けてあげる勇気ある第三者」に憧れて、いじめを見たらやめさせなさいと我が子を諭すものです。
実際に我が子がトラブルに巻き込まれたときには手のひらを返したように「人なんか助けないでいいのに!自分を守ってほしかった!」と思うものです。
親の本音はどちらですか?
スネ夫は、親の本音を感じているのではないでしょうか?


のび太におもちゃを貸さない理由は正当

スネ夫の物は、「お前のものは俺のもの。」というジャイアン名言にもあるように事実上ジャイアンの支配下にあるわけです。スネ夫はのび太に貸してと言われても拒むほかありません。
スネ夫は、ジャイアンの機嫌を損ねないための言動しか選びようがない立場です、機嫌を損ねたら、ラジコンは二度と戻ってこないのですから!

貸さない理由はそれだけではありません。
貸したおもちゃをのび太に壊されたことが何度もあるのです。また壊すかもしれない不器用な人に、壊されたくないおもちゃを貸すべきでしょうか?
また、のび太側も、高価なおもちゃを貸してもらってまた壊したら野比家が弁償すべきですが、壊されるのわかっててうちの子に貸すほうもどーなの??と野比玉子さんモヤモヤするのではないですか?

おもちゃを貸さない、ということは、いじわるである以前に、お互いの利益を損なわないための、危機管理手段でもあるのです!
見せびらかすのはよくない、それは確かにそうですが、遊び場所が限られている以上、やむを得ないと思います。
スネ夫が貸してくれない、いじわるだ!とのび太は言いますが、のび太は、のび太が主張するような「加害者と被害者が可分な対人トラブル」ではなく、「双方向性のある対人トラブル」の中にいます。自己の客観視が足りず被害妄想が入っていると思わずにいられません。


のび太による嫌がらせ

ジャイアンにおもちゃを取られる。のび太には貸さない。ここで終わればまだましです。妬んだのび太がひみつ道具を持ち出し見せびらかすことにより、またスネ夫の世界はボロボロになります。
おもちゃを貢いでまで守った親分の機嫌は悪くなるわ、おもちゃは引き立て役になるわで最悪の展開となります。

スネ夫の精神は、崩壊寸前でも不思議はありません。


ずるくてもいい、「適応」しよう

スネ夫は、ずるいずるいと言われます。
確かに、ギリギリの精神状態の中で、耐え、生き抜く知恵を駆使している姿や、裕福な家に生まれ育ったことは、のび太やジャイアンの立ち位置や、読者という安全な場所から見て、「ずるい」と感じられるのは無理もありません。

でも、スネ夫の立場を思えば、精神的に崩壊してもおかしくない状況です。
彼のずるさは「環境適応」によるもので、閉鎖された人間関係における悪意から逃れるための最終奥義です。
環境に適応せず高潔なまま精神崩壊するよりは、現実的な反応でもあります。
情状酌量の余地があると思います。

ずるさを正当化するつもりはないので、語弊があるかもしれませんが、あちこちで、いじめっ子を刺激してしまう子やパワハラを受けてしまう人は、「長いものに巻かれる」というスネ夫的な知恵を見習うことも考えたらよいと思います。


総括

・のび太が無意識に行う加害行為
・ジャイアンの日常を取り巻く閉塞感
・スネ夫の背負うプレッシャーの重さ
・保護者による教育の放棄
・ジャイアンスネ夫の自己を支える知恵と工夫と努力と粗暴な言動
などなど、第三者の立ち位置から見知ることや想像しうることには、限りがあります。
だからこそ、いじめを、加害者被害者が最初からきっちり分かれているかのように簡単に語る風潮には大きな疑問を感じます。

ここではドラえもんを例に鳥ましたが、自称いじめられっ子の中には、ある程度お互い様なのに、のび太のような被害妄想多めな側だけが被害を主張しているというケースが含まれています。

そんなお子さんであるのに、相手を矯正したり環境を調整することに親がこだわっていると、お子さんは特殊環境でしか生き延びられない人になってしまいかねません。

続きます。