にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

いじめる側にしか非がないのか

いじめる側と学校に非があり、いじめられる側には非がない、とするのが、いじめに関する「正しい見解」のようにされています。

テレビなどマスコミは、いじめられた子が自殺して裁判になって、なおかつ他に目欲しいニュースがないタイミングであれば初めてニュースにします。

「かわいそうに」「悪者が悪い」「大人は何をしていたのか!救えたのではないか」と思いたくていじめ自殺のニュースを見る人に忖度して、マスコミも基本的に「死者に鞭を打たない」ということを正義として、視聴者のニーズに応えます。


失意の中で亡くなった子どもを案じ弔う気持ちは美しいですし、それが日本人らしい優しさだとも思います。
さすがの私もそんな中で「でもさぁいじめられっ子が一方的な正義みたいな風潮はどうなの」とは申しません。



「ドラえもん」に照らし合わせてみましょう。

ジャイアンとスネ夫は、しばしばのび太をバカにし、除け者にし、物を取り上げ、時には殴って服従させています。

コロコロコミックや小学生等への連載当時の価値観はともかくとしまして、2018年現在の文部科学省下その他教育機関の表向きのスタンスは「相手が嫌だと思ったらいじめ」というものです。

ジャイアンたちの言動は、現在の基準に照らし合わせると、歴としたいじめであり、のび太はいじめられている、と結論付けられてしまうでしょう。


では、客観的な立場にある読者は「ジャイアンとスネ夫は、野比親子に精神的かつ肉体的な損害を与えたことについて、謝罪と反省をし、賠償もしくは転校すべきだ。学校と教師、教育委員会は、重大ないじめを看過した責任を認めるべきだ」という意見を抱くでしょうか?

恐らく、「のび太とその親にも改善すべき点がある」という意見も出てくるのではないでしょうか?



客観的に見て「のび太とその親は、自助努力が圧倒的に足りていない」と言わざるを得ません。

小学校四年生にして、健康上、経済的問題、家庭の事情などの理由なく遅刻をする、宿題しない(させない)、テストは0点、出来ないことに対する努力を一切せず、すぐ泣く、同級生男子に対するマウンティング行為(「そんなのぼくだってできるよ!」等)、根拠のない威嚇、同級生女子に対する下心、不潔(フケで遊ぶ、鼻水を垂らして泣く)。

発達上の不具合があるとしても、他者がどうとらえるかは他者に委ねられており、恐らく「おかげで多様性が学べてよかったなぁ♥」とは思ってくれないということです。

野比夫妻は、そのような問題を抱えた子の放課後生活を、無責任な他人(ロボット)に丸投げし、ほぼ放置状態にしているようにも見えます。


ジャイアンスネ夫の社会性や衝動性にも改善の余地がないわけではありません。

しかし、「いじめられたくないならば」、相手に求める前にまず最大限、のび太側でいじめられないための工夫や努力をしたほうがいいです。
腐心してジャイアンスネ夫の言動を改善させたところで、一時しのぎにすぎません。

のび太が変わらなければ、必ずどこかで行き詰まります。

のび太親子には、その工夫や努力が圧倒的に足りていません。

野比玉子さんは「親には無理」と思っているのかもしれませんが、学校や友達にはもっと無理…なのです。

のび太がのび太のまま野放しであるならば、どこに行っても周りの子に不快感を与えるでしょう。

親か教師が熱心な学校、お金持ち向けの学校、レベルが均質すぎる進学校、底無し沼な底辺校、など、それぞれ背景は異なりますが、学校というのは基本的に高ストレス環境です。
たとえそこにジャイアンとスネ夫がいなくても、いじめを呼び込むタイプであればいじめられます。


続きます。