にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

誰得?アレ得!制服批判

 

事情も常識もいろいろ

 

某小学校の標準服(ほぼ制服)について、マスコミ、部外者、もう騒ぐのやめようよ…いやもう本当におかしいですよ、なにがおかしいって、関係ない人が文句をつけることです。自分に関係ないからこそでしょうけど。私も部外者です、ってすみません。でもあまりにもマスコミさんのご都合で校長先生叩かれ過ぎで気の毒で。この小学校に来る校長先生は超自信満々な統率者テイストか、調整力を買われた人のどちらかだと思います。今の校長先生は後者。

 

人間は見た目ではないと教えるところではなかったか、とか、常識的な値段で、とか、

いや、価値観、事情、値段や教育環境の「常識」が、みんな同じだと思ってるんでしょうか。少なくともここにはここのロジックがあるのです。

あらゆる人がそれぞれのロジックで動いているということくらい、賢明なマスコミさんはご存じのはずなんですが。

どうしても煽りたい事情があるようです。

 

某最大手広告代理店が隣接学区内に巨大な自社ビル跡(ファミリー向けマンション予定地)を所有しているということ、ご存じですか?

 

地元では?

 

テリー伊藤さんは隣の学区ご出身ですので、他の完全部外者な芸能人とは意見が全く異なり好意的。

「保護者達は、騒がないでほしいと怒っている。幼いころからブランドに触れればブランドに対するコンプレックスがなくなる。試しにやってみれば」

坂上さんは、「逆張りしてくれただけでは」とおっしゃってましたが、そういうことではないんです。

この学校に限らず、事情を知る人たちほど、アルマーニの制服にすれば棲みわけできてトラブル減りそう、いいじゃん、という感覚のようです。

 

 

都内屈指の浮きこぼれ救済力

 

ここは、当たり前が違うのです。見た目レトロでかっこいいけど梅雨はかび臭い校舎、狭い校庭、高速道路のそば、劣悪な環境です。ごちゃごちゃとしたところにある、古くて狭い学校です。

 

一般的な「のびのびとした環境」はありません。この学校名をぶら下げていればOKというようなブランド的価値なんてものももちろんありません、所詮公立ですから。

 

でも、狭くてもかび臭くても(今はどうか知りませんごめんなさい)敢えてここに行かせなくてはいけない家庭、お子さんが存在します。

それは、お金持ちすぎたり賢すぎたりして地元では浮いてしまうご家庭のお子さんです。

 

東京の名門私立国立小学校は人気がありすぎてコネと実力がないとなかなか入れませんので、住民票があれば入れる学校でも住みわけをしています。

 

お金がありすぎるなら某小学校、学歴が高すぎるなら某小学校など、「特殊な家庭御用達の公立小学校」というものがあるのです。

 

特殊な家庭御用達の公立小学校では、外国語の家庭教師、ゴルフ、テニス、フィギュアスケート、乗馬、クレー射撃等の特殊な習い事をしているだけでいじめられる、なんてことはありません。

大会の話もOK。家庭の会話レベルの高い子も多いので、流行から外れた知的な話題を持ち出しても浮きません。海外大会出場のために学校を休んでも、浮かない小学校!私立や名古屋にはありそうですが東京の公立では珍しいです。

 

個性を伸ばしても叩かれにくい貴重な学校

 

塾に行かずテレビで手軽に時間をつぶしている子たちもいるでしょう。しかし、テレビっ子な彼らに対して配慮はしても媚びなくていい環境は、個性磨く組にとってオアシスです。

浮きこぼれたちは浮きこぼれの気持ちが分かりますから、興味の対象は違っても、ゆるくつながることができます。

 

もちろん集団ですので、卑屈だったりこだわりが強すぎるとうまくいかないでしょうから嫌われないためのお作法は身に付けておかなければなりません。けれどももしも、出木杉君、星野スミレちゃん、ウメ星殿下、花輪くんや丸尾くんが浮かずに飄々と過ごせる公立小学校があるとしたらここ(これも幻想かもしれません、悪しからず)。

 

どこに引っ越そうかと考えた時に説明会に伺ったことがある、親戚が通っていた、程度で完全な部外者で通学中の知り合いもいない私が言うのもなんですが、それこそ「個性を大切にする文化の象徴」のような学校だと思います。

 

子どもを思うOB、PTAがとても強いのは確かで、ここに通わせるには保護者もここの色に染まる覚悟必要だと感じて私たち家族には無理だと思いました。 

制服については、子どもたちの置かれた環境ギャップ解消をどうにかしなくてはという懸念から生じたのかなと感じます。

 

大人の事情

 

テレビは「こんな制服では、子供らしさを失わせる」「大人の都合で」「貧乏な子はいじめられる」「汚れたらどうするのか」などと言いますが、いやいや、子どものために母親が仕事辞めて勉強見るとか家庭教師できる家政婦さんを検討するとかニートになっても大丈夫な資産があるとか、とにかく数十万単位ぽんぽんぽーんと出せるくらいの資金力教育力のある家庭でなくては、この領域の集団の価値は豚に真珠なので、うちぐらいだと最初から入っちゃだめだなと私は思いました。

 

経済力がないならこの学校以外を選んでくださいねと言ったら言ったで叩かれる、そんな中での苦肉の策が標準服変更だったのではないでしょうか。

 

ほかの地域と違い、この区は学校をある程度選べるのです。この情報をあえて隠しているメディアが多すぎます。

 

これはもうあの …陰謀論ですけど

ここが話題になると一緒に名前が上がる某区公立小は某テレビ局の学区だったりとか…某超大手マスコミも某超大手広告代理店複数も隣学区の大地主で超大手広告代理店元本社ビル跡地のファミリー向けマンションの価値も吊り上がるよね的なごにょごにょ

アルマーニだのリベートだののちまちましたな話ではなく壮大なポジショントークを公共の電波でするなよっていう…

 

話題の学校の場合、地元の方はほとんどいらっしゃらないようですがいらしても地主さん。あとは、この学校に行かせたくて住所を学区内に置いた方(40平米、月30万とか…?)、併設園の方。
この方々が、10年ほど前までのその小学校の文化を作ってきました。


今は、区内在住の入学希望者に対し、門戸を開いています。秋に抽選をします。この抽選が、大変な倍率となっています。この学校の真の価値を知る保護者も、減ったとはいえ学校の教育力に幻想を抱いている保護者も、区内に住民票があれば応募できてしまいます。

 

ふるいが機能してこその校風でしたのに、中途半端に平等に抽選制度の対象校としたために、校風に合わない方が学区外から入学されることもあったのではないかと思います。

それは本来の学区のほうが属性が近かったということに他ならないので、保護者が、よく知らない有名校にこだわらなければよかったのですが。

 

これこそ、子どものためにならない。何らかのふるいが機能しなければ、ただのかび臭い、狭い、OBのうるさい、目の上のたんこぶだらけのストレスフルな、廃校寸前の公立小学校ですので(違ったらごめん)。

 

近年は実態が周辺に知れ渡り、学校の勉強で御三家入れるかもーという幻想を抱く保護者が紛れ込む子はなくなったことでしょう。

それでも、断念した家庭、抽選に漏れた家庭は幻想を持ちがちです。また、これからの入学希望家庭はこれからの抽選に祈る気持ちでいます。

抽選残念組、憧れ組からのリークがあったんだろうという意見もありますが、私くらいひねくれていますと周辺の土地を転がしている人の思惑でポジショントークいいかげんにしろ、と邪推してしまいます。

 

これ以上大地主マスコミを儲けさせなくていいよ…

 

そんなにいい学校なの?


学校の授業内容は公立ですから普通だそうです。

世界レベルに頭のいい家系の子、バイタリティのある家の子が居場所を求めてやってくるという側面があり、まとめる先生も苦労している学級はあり(今はわかりません)、とりわけ落ち着いているわけではないと思います。

むしろ学級崩壊してもしなくても気にしない、ちゃんと育てる家庭力があってからの学校選びというかんじです。

 

家の教育力経済力が高いため、進学中学のレベルは都内でも高いほうです。学校の教え方がうまいとか、そういう話ではありません。高級個別、家庭教師も活躍です。

 

御三家複数という噂に飛びついて、この小学校に行けば開成麻布渋幕桜蔭女子学院雙葉に現実味が、と夢見る一般家庭が入ってしまうと、軋轢は起こりうると思います。

(と言っても区内は世帯収入1500超ざらなので全然一般家庭ではありません。行事か説明会に行かないと抽選に参加できないようになっており、その場の雰囲気などから、庶民は空気読んで避けたほうがいいよという暗黙のメッセージが伝わってきましたよ)

 

保護者からの苦情や疑問が相次ぐ、なんてやってますけど、それ本当だと思えません。あるとしたら、「会見をしてはいけない、注目されてしまう」「どうかマスコミを黙らせてください。静かに日常生活を送らせて」って方向の苦情では。

 

こちらは子どもたちも保護者も聡明ですから、今回の件から世の中の酸いも甘いも学んでいかれると思いますが、某新聞社や某広告代理店をこれ以上儲けさせるのもなんですので、鎮静化してほしいものです。

 

correct-me.hatenablog.com