にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!by QOLT

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

聞く耳を持ってもらうには

うちの子、人の話を聞かないんです!聞く耳持たないんです!という親御さん向けのお話です。多くの人は、つまらない話が嫌いです。役に立つ話は好きですが、すぐに役立つのでなければ忘れて、無駄になります。誰しも、脳のキャパシティには限りがあります。…

先生!今以上に!に現状維持は入りますか

今回は、言葉、言語コミュニケーションについての考察です。突然ですが、問題です。 100以上、というとき、 100を含むでしょうか、含まないでしょうか。私の考えでは、含みます。 以は、示した数・状態含む。これ、絶対的真理ではないです。 算数の定義、算…

学校説明会、文化祭、どこを見る?

こんにちは、ただのおばちゃんです。あちらこちらで中学や高校の学校説明会や文化祭が開かれています。参加を考えているけれども、どの学校に行き、どういう要素をチェックすれば良いかわからない…そんな親御さん向けに。 正解はきっとここにはありません。 …

アスペルガーは反面教師から学ばない

アスペルガー症候群を含むASDの人は、先輩ASDに学ぶとよいという話があります。個人的には、先輩ASDのキャラによる、と思います。確かに、情報の取捨選択方法を、マンツーマンで教わるのはよいですね。 これを独学すると、得すぎてダブルバインド状態になり…

これから命の話をしようwithギフテッドっぽい子

私はいつも子どもたちに教わり、共に考えさせてもらっています。もしかして発達グレーのお子さんたちは、しばしば、社会通念に、言語化し難いモヤモヤを抱えているようです。ここでは、「命を大切に♥」という社会通念に対するモヤモヤについて、分析していき…

毒親になるのを恐れて猛毒親になるな

こんにちは、ただのおばちゃんです。スーザンフォワード著『毒になる親 ~一生苦しむ子供』という本が昔流行りました。毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)作者: スーザン・フォワード,玉置悟出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/10/18メディア: 文庫…

私は毒親?

大人の当事者と話をしていて興味深い話がありました。許可を得て掲載します。「勉強や仕事がうまくいかず、自己肯定感が低かったときは、両親との折り合いが悪かった。 毒になる両親のせいで人生がうまくいかないと思い込っていた。」「しかし、人生の歯車が…

発達グレーの園選び

こんにちは、ただのおばちゃんです。☆理想の環境を求めて秋。保育園選び、幼稚園選び、療育園選び、小学校選び、中学選びと願書提出のオンシーズンです。 私の居住地域と医療機関は、周辺地区に比べますと手帳や受給者証を絞っているので、療育園はありませ…

災いの元6自由という甘言を疑え

こんにちは、ただのおばちゃんです。 いつものことですが、ケースバイケースですよ!正解はありません。 正解を探すのではなく、 納得できる自分を見つけていく感覚で、親していきましょう。 ☆思考の刷り込み??思考の刷り込みだとか、インストールだとか、…

災いの元5 偏りが偏りを呼ぶ

発達は本当に人それぞれ、状況もまたそれぞれ。 全てはケースバイケース。 人生と同じで、絶対的な答えがない取り組みだと思います。 なにか拾い物があるといいな、という感覚で読んでいただけたら、もしかしたらいつかどこかで役に立つかも? と思いながら…

災いの元4 承認欲求プール改築とコスト

現代を生きる者は、大きなストレスを抱えると、それを乗り越えるためになりふり構わずがむしゃらに承認欲求を満たそうとしてしまいます。満たそうとすることでまた新たなストレスを抱え込むことになったり、満たしてしまうことで肥大させてしまったりするの…

知られざる災いの元3共通の敵を前に

前回お話ししたように、多様発達(発達障害傾向)者も、典型発達(定型発達)者も、肥大する承認欲求の暴走を食い止めるという、同じ課題を抱えています。ところが、残念ながら、ストレスが脳のキャパシティを圧迫し視野が狭まったり、集団でいることによる安心…

知られざる災いの元2生存欲求と承認欲求

☆中ボス生存欲求、ラスボス(最後の敵)承認欲求現代人の中ボス敵は、自他の生存欲求です。 生きるために、なりふり構わず、他者の権利を踏みにじるエネルギーをもたらす欲求です。お腹をすかせた赤ちゃんが泣き叫ぶのは、このためですね。 屈強な圧倒的上位者…

知られざる災いの元

☆災いの元は発達障害ではない!この子は、発達障害だからダメなんだ… もし発達障害でなかったら… 定型発達はいいなぁ…そんなふうに考えている親御さんは、ピコピコハンマーで殴られるべきです。 確かに、発達凸凹児は、自動的には育ってくれません。二十歳ま…

もしかして発達グレー研究所に相談したい?

2018年1月から、途中1か月ほどのお休みを挟みながらブログを更新し、9月末までの8か月程度で10万アクセスをいただきました。 読みにくいブログですのに、ご覧いただき、どうもありがとうございます。 もしかして発達グレー研究所では、紹介制、有料でご相談(…

発達グレー児は人格者に最も近い(遊び人は賢者になれる)

ASDアスペルガーは人の気持ちがわからない、性格が悪い等とよく言われますよね。確かに、ガイダンスもなく、郷に入っては郷に従えの意味もわからず異文化圏に放り込まれているようなもの。 全面承認受けて当たり前と信じたまま典型発達社会に放り出されたら…

価値観が近いと、なんでいいの?

さて、今回は価値観が近い人がいいと言うけど、なんで?という話です。人はそれぞれ別の価値観を持っています。 同じ世界に住んでいても、物事の感じ方も、見え方も違います。 他人と価値観を共有する事は原則的にできません。でも、それだと不都合が多すぎ…

アドラー7敢えて抽象的に書きます…

傷付いた!と思われないための最大限の配慮を、自分は欠かさない。 相手には求めない。(社会通念上、傷付いた!と思われやすいこと、いじめ、意地悪、パワハラ等とみなされることは避ける。 いじめ等として受け止められる可能性のある感情表現がどのようなも…

アドラー6隠れキリシタンよ、踏み絵は踏んどけ!

アドラー心理学は、「メンタルの強い人」が試行錯誤しながら自然に体得した価値観を、説明書のように論理的に言語化したものです。鬱の方に薦める精神科医やカウンセラーは多く、発達障害の方にとっても心の拠り所となる考え方です。 もしかして発達…の方々…

アドラー5いじめ虫を駆除するスプレーなのに広まらない

先に述べて参りましたように、論理性や事実よりも感情が優先されるという暗黙の了解が、多くのコミュニティにはあります。(※専門性が高いコミュニティでは、論理性をメインに通じ合える傾向があります)「感情的になってはいけない」 「人の心を傷付けてはい…

アドラー心理学4社会のダブスタに立ち向かうアドラー

定型(典型発達)が主導権を握る世の中では、「感情は、他者によってもたらされるものである」という暗黙の了解があります。「相手が嫌だと思ったらいじめ」「相手の嫌がることをするな」「相手が許してくれて、よかったね」このような雑な指導が家庭でも当た…

アドラー心理学3ジハード~社会通念原理主義とアドラー

☆アドラーは自己の意思・論理原理主義アドラーは、他者との関わりを、自己の意思によって苦しみととらえるために、人は苦しんでいるのだと言います。嫌われてしまう人、 人からどう見えるかを気にして疲れる人、 抑うつの人、 いじめられやすい人、いじめて…

アドラー心理学2嫌われる勇気の危険なところといいところ

☆他者の評価を一切気にしないと四面楚歌になるアドラーはタイトルにもあるように「嫌われる勇気」を持つことをすすめています。 「あなたの事を嫌う人が周りに誰もいないとすれば、あなたはとても不自由な生き方をしている。もし、あなたが言いたい事を言っ…

アドラー心理学1嫌われる勇気と嫌われない知恵

アドラー心理学が静かなブームです。「嫌われる勇気」など、一般にも分かりやすい本が出ています。 アドラー心理学の論理は、他の心理学系統とは異なります。 異端と言えるほど明確で、論理的で、合理的です。他者によるネガティブ評価と、自己の感情を、切…

連休最終日に暴れる・連休明けの登校渋り

こんにちは、ただのおばちゃんです。連休中は、落ち着いて過ごせるけれども、休みの最終日や日曜日の夜に荒れる、または休み明けの朝に荒れる、というお子さんのお話です。これは、根深い問題です。 ちょっとしたきっかけで消える軽い不適応から、鬱まで、可…

あなたはアムラー?アドラー?(嫌われるのは自由の代償)

こんにちは、ただのおばちゃんです。タッキー&翼の滝沢秀明さんと今井翼さん、安室奈美恵さん、大物の芸能界引退の話題が続きますね。ファンでなくても安室奈美恵さんや滝沢秀明さんのような大スターの引退を惜しむことによってつながることができる人たちが…

三田佳子さんの次男さんは発達障害?

こんにちは、ただのおばちゃんです。三田佳子さんの次男、高橋祐也さんが、覚醒剤所持で逮捕されました。ああ、高校生だった祐也くんがもう38歳かぁーなんて思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか。高校生にして月の小遣いが50万円だったものです…

勉強中の問題行動5勉強好きなら?

☆勉強大好きなら勉強中に叱ってもよい?叱られて嫌だったけど楽しかった、頑張った、やってよかった、そう思えるような状態での勉強であれば、 「わかる!が飴になっている状態」ですので、お子さんにとってのデメリットは多くないです。が、記憶の脳は、叱…

勉強中の問題行動4愛される=叱られない?!

続きです。 勉強中に叱らなければ、勉強は捗ります。 その弊害として、2点気を付けましょうという連続エントリー4件目にして、2点目の弊害と、対策を述べます。 (1点目は、叱られる経験が少なくなりすぎることでした) ・甘い人、優しい人につけこむようにな…

勉強中の問題行動3 飴がないなら鞭打つな!

続きです。叱らない勉強指導方法は、学力向上という点ではとっても有効です。しかし、無視すべきでないデメリットが2つあります。1 打たれ強さが育たないこと 2 叱られない=愛されていると思い込み、愛してくれる人への試し行為を繰り返すようになってしまう…