にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!by QOLT

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

聞く耳を持ってもらうには

うちの子、人の話を聞かないんです!聞く耳持たないんです!という親御さん向けのお話です。多くの人は、つまらない話が嫌いです。役に立つ話は好きですが、すぐに役立つのでなければ忘れて、無駄になります。誰しも、脳のキャパシティには限りがあります。…

先生!今以上に!に現状維持は入りますか

今回は、言葉、言語コミュニケーションについての考察です。突然ですが、問題です。 100以上、というとき、 100を含むでしょうか、含まないでしょうか。私の考えでは、含みます。 以は、示した数・状態含む。これ、絶対的真理ではないです。 算数の定義、算…

学校説明会、文化祭、どこを見る?

こんにちは、ただのおばちゃんです。あちらこちらで中学や高校の学校説明会や文化祭が開かれています。参加を考えているけれども、どの学校に行き、どういう要素をチェックすれば良いかわからない…そんな親御さん向けに。 正解はきっとここにはありません。 …

アスペルガーは反面教師から学ばない

アスペルガー症候群を含むASDの人は、先輩ASDに学ぶとよいという話があります。個人的には、先輩ASDのキャラによる、と思います。確かに、情報の取捨選択方法を、マンツーマンで教わるのはよいですね。 これを独学すると、得すぎてダブルバインド状態になり…

これから命の話をしようwithギフテッドっぽい子

私はいつも子どもたちに教わり、共に考えさせてもらっています。もしかして発達グレーのお子さんたちは、しばしば、社会通念に、言語化し難いモヤモヤを抱えているようです。ここでは、「命を大切に♥」という社会通念に対するモヤモヤについて、分析していき…

毒親になるのを恐れて猛毒親になるな

こんにちは、ただのおばちゃんです。スーザンフォワード著『毒になる親 ~一生苦しむ子供』という本が昔流行りました。毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)作者: スーザン・フォワード,玉置悟出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/10/18メディア: 文庫…

私は毒親?

大人の当事者と話をしていて興味深い話がありました。許可を得て掲載します。「勉強や仕事がうまくいかず、自己肯定感が低かったときは、両親との折り合いが悪かった。 毒になる両親のせいで人生がうまくいかないと思い込っていた。」「しかし、人生の歯車が…

発達グレーの園選び

こんにちは、ただのおばちゃんです。☆理想の環境を求めて秋。保育園選び、幼稚園選び、療育園選び、小学校選び、中学選びと願書提出のオンシーズンです。 私の居住地域と医療機関は、周辺地区に比べますと手帳や受給者証を絞っているので、療育園はありませ…

災いの元6自由という甘言を疑え

こんにちは、ただのおばちゃんです。 いつものことですが、ケースバイケースですよ!正解はありません。 正解を探すのではなく、 納得できる自分を見つけていく感覚で、親していきましょう。 ☆思考の刷り込み??思考の刷り込みだとか、インストールだとか、…

災いの元5 偏りが偏りを呼ぶ

発達は本当に人それぞれ、状況もまたそれぞれ。 全てはケースバイケース。 人生と同じで、絶対的な答えがない取り組みだと思います。 なにか拾い物があるといいな、という感覚で読んでいただけたら、もしかしたらいつかどこかで役に立つかも? と思いながら…