にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

吊るされて四面楚歌

新学年、多くの今まで「理解ある担任に恵まれてきた」子達が、それぞれ苦労しています。担任とは合わなくてもかまわないのですが、 なぜ合わないのか、なぜ合わせられないのか、 どうしたら合うのか、は考えさせるなり情報を与えるなりしてあげるとよいでし…

綺麗事という名の嘘八百

社会性凹のお子さんには、平等だとか、差別がない社会だとか、そんな綺麗事を信じさせないほうがいい場合があります。 彼らは、思考の微調整をあまりしませんので、綺麗事の世界にいながら大きくなってしまうことがよくあります。普通でしたら、他者の欺瞞に…

空気が読めると深く苦しみ出す

発達障害であっても、「空気」に興味を持てば、空気を「読むだけ」は比較的早くできるようになります。しかし、読めてしまった空気(集団全体の気色、精神的なつながり感)が、不穏なものだった場合は大変です。空気を読めてしまったばかりに、過大なストレス…

学校と家庭の間の暗くて深いドブ

学校責任と家庭責任の間のドブ新学期、保護者会では「学校が一丸となってお子さんを教え導いて参ります、保護者の皆様には是非ご理解ご協力をお願いいたします」 という綺麗事が聞かれます。これを、真に受けている親御さんはいないでしょう。しかし、何度も…

4月の目標~面従腹背を身に付けよう!

4月。 転入された先生の心もとっちらかっています。それもそのはず、積み重ねてきた文化が学校により異なる上、地域性の違いもあり、構成する教職員保護者子どもそれぞれの価値観も異なり、公立小学校のテイストは多種多様です。転任していらした先生であれ…

新学年の壁~大人の事情を隠すな!

クラス替え、大人にとっては、あー、メンバー変わるね、お友達ばらけたね、先生誰かな、ぐらいの認識であることが多いです。しかし、人間関係のほとんどが学校メンバー、となっているお子さんで、なおかつ狭すぎる興味の範囲内での多読による認知の歪みがあ…

読書感想文が書けない!2~表現する勇気を励まそう

前回、下を見せるという手法をさらっとお伝えしました。あまりにもさらっとです。下を見せる手法は、反感を買いやすいので様子を見ながら今度詳しく書いていきます。 correct-me.hatenablog.com さて、文章表現力の凹の子どもは、夏休みに1回やっつけ仕事で…

読書感想文が書けない!3~書くのは感想ではない、自分の劇的ビフォアアフターだ!

文系と理系では、求められる文の構成も、内容も違います。しかし、大都市圏の小学校教諭は圧倒的に文系脳のひとが多いです(たとえ理数系が得意と標榜していても、それは文系学部における「理数が得意」に過ぎません)。 教育学部、教職課程、教員採用試験、求…

読書感想文が書けない!1~下を見せる

感想を言うのが得意な子を別とすれば、賞を取ったようなお手本を読ませるのはあまりおすすめしません。 (料理下手な主婦に、3つ星レストランのソースをなめさせて、こんな風に作ればよいと言うようなものです。あるいは、運動が得意でない人に、メジャーリー…

新一年生の壁~生き残るには

精神的に生き残るには異教徒(強い力を持った担任の信奉者)に囲まれた地雷原で生き残るには、どうしたらよいでしょうか。多数派と同じことをすれば、基本的に矢面に立たずに済み、再起不能なまでに自己肯定感を損傷するような最悪の事態になりにくいです。(素…