にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

第一志望落ちたとき

 

correct-me.hatenablog.com

 

こんにちは、ただのおばちゃんです。

誰かに言いたい、でも言えない

子どもの前では「想定内、次いこ次」なんて言ってますけど

つらい、つらいですよね

もっと一生懸命サポートしてあげたらよかったのだろうかとか

ケチらずに家庭教師をつけるべきだったかとか

逆に、こんなことなら勉強勉強と頑張らせなければよかった

あんなにお金をかけなければよかった

習い事続けておくのだった

あの人は一体どんな顔をするだろうかとか

優しくてまじめに取り組んでいる親御さんほど

これまで一生懸命に受験に向かって頑張ってきたお子さんの親御さんほど

どうしていいかわからなくなってしまいますね…

辞退者もいるかもしれないし…入学金…

(いいかげんな私でさえ、幽体離脱状態になりましたよ…) 

 

で、また、しかも、別の学校に気持ちを切り替えるか切り替えないかの

ちょうど変なタイミングで

「補欠 繰り上がり候補の連絡」がきてしまったりとかしますとね…

なにがなんだか…

こんな試練、子どもに経験させて良かったのだろうかとか

 どう声をかければよいのかとか

考え始めると脳のキャパ超えてきます

 

お子さんを膝にでも載せて成長を感じて

お子さん自身にも言葉や写真や昔解いた問題を見せて

成長を実感させてあげたいです

 

私は「勉強しないから落ちたね、仕方ないね」と言ってしまって後悔しました

そんな母を許してくれたわが子を誇りに思います

結局諸般の事情で

中学受験勉強開始直後から「ここは合う気がしない」と言って

行きたがらなかった学校に進学しました

 

志望度が低い学校はきっと

合う学校ではなく伸ばしてくれる学校だと思います

学校の価値観は親が把握しておりましたが

本人もそこへ寄せていく必要性を感じることができてよかったそうです

今、友人や先輩に恵まれて、とても楽しく過ごせています

 

親御さんもあったかくして おいしいもの食べてくださいね

考えても仕方ないことで悩むとホルモンバランス崩れて

私のように抜け毛で掃除が大変になってしまいますよ

 

まあ、

切り替えようと思って切り替えられる話ではないですから

気持ちは切り替わらなくてもいいことにしませんか

期間限定で

どか食いでも幽体離脱でも経験していてもいいのではないでしょうか

 

かつての私のようにお子さんに もやもやをぶつけてしまった場合は

非礼を詫びて 大人げのなさを恥じ、 慰謝料相当の埋め合わせをする

というような実践的ソーシャルスキルを教える機会にしてしまうのも手です

 

下記のエントリーでも書いておりますが

合いそうな学校はありますが

合う学校はありません

 

すべてのお子さんは

合わせれば伸ばしてくれる学校に入学することになります

そこにどう合わせていくかを考えましょう

ほどほどに寄せていきましょう

速さや特殊算を教えたように

友達の選び方を教えましょう

親は自転車の練習のように手を添えて いつかそっと手を離すのです

その日までもう少し

 

今のうちに頭なでなでしちゃいましょう 

下記は過去のエントリーです

もしかして参考になるかもしれません

でもお子さんが起きている間は一緒に映画かホームビデオでも見られれば

理想ですね

モニターと向き合う表情ってだいたい暗いので…お子さん見てますよ

correct-me.hatenablog.com

 

 

correct-me.hatenablog.com

correct-me.hatenablog.com

 

 

correct-me.hatenablog.com