にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

得意がない?!発達凸凹1 正確さこだわる子

こんにちは、ただのおばちゃんです
ASDで 特技はなにもありません
Fラン卒で収入ゼロです
ところが
社会性の適度な低さが
今となってはかえって身を助けてくれています
わからないものです…

さて
「高機能、高IQの話は聞きあきた!
得意なものがなにもない
ほんとの発達障害 学習障害の話をして!」
というお声がありましたので
綴ってみます

「知的障害でなければ凸はある」
と恩師に言われたことがあります
果たして本当でしょうか

ASD 自閉症スペクトラムの傾向を例に考えてみます

かつてはアスペルガー症候群と呼ばれていて
わかりやすかったのですが
今こう呼ぶ場面が増えています
(現場では
アスペルガーとADHD併発、というように
昔の呼び名で出ています、
みたいなところもあります)

特技、強み、凸、と言うと
まず
数字、1対1記憶に強い子が当然目立ちます
WISC等でスコアにつながりやすく
高機能と言われることもあります

幼児期から顕在化する
数字や図形や文字、記憶の能力は
人によりばらつきが大きいです
凸がある場合、高い数値が出やすいのです
(偏差値みたいなものですから当然ですね)

いわゆる学習、国旗、国名、元素記号など
イコールで繋ぐことができる知識への強い興味と
学習能力は、いかにも特技っぽいですし

看板でマークを覚えたり
鉄道の名前を覚えたり
小さい頃に
「おおー!すごい!」
と言われて育つことができるのは
ほかの凸持ちより多いでしょう

これらの機能は実は自閉との関連が強いようです

数字、図形、文字
コンピュータ、法律等、
問いに対して
ある程度決まった答えのある事柄に強いというのは
実は 社会に生きる人間にとって諸刃の剣です

大きな賞をとらせたければ
ひたすら
特性を伸ばした方がいいのかもしれません
コミュニケーション能力を伸ばすと
学力面での切れ味やこだわりが
失われていくというのは起こり得ます

それでも、脳における
「遊び(ブレーキやハンドルの遊びと同じ意味)」の領域
コミュニケーションの領域は
確保したほうがいいと
もしかして発達研究所では考えています
(コミュニケーションのための脳と、脳の遊びは
円滑な人間関係に不可欠だからです

数字、図形、記憶等特定のものばかり強すぎて
コミュニケーションの脳が寄り弁状態であれば
脳全体の領域を増やしながら
配分を整えてあげるという考え方です

庶民な私は
知能の凸を使って
コミュニケーションの凹を埋める派です
角が取れて小さくまとまる、
変わった子にとってはいい言葉だと思っています


次は
自分が一番うるさいくせに「うるさい!!!」
と言い出したり、
耳を塞ぎ辛そうな顔をするお子さんの話、
音に強い子の話です
correct-me.hatenablog.com
correct-me.hatenablog.com
correct-me.hatenablog.com
correct-me.hatenablog.com
correct-me.hatenablog.com