にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

1月の小学校 休ませてはいけない理由

こんにちは、ただのおばちゃんです

ブログ読んでいただきましてありがとうございます
1月の小学校 休むか行かせるか の意見について
戦友に「納得した」
「悩み再燃」とリアクションもらいました


「悩み再燃」の方の話

我が子にとっては学校生活のストレスよりも
勉強しなきゃしなきゃ…と思いながらの
留守番生活のほうが大きなストレスだ
と判断し
休ませずに行かせよう(親は仕事行けるし)、
と思ったのだけれども

休みたいのに休ませてもらえなかった子達で
「休んだ子、ズルいズルい」と言い出し
学校でもそんな話になっているということです

それで、いっそうちも休ませようかと考えていると


なるほどー
社会性があるからこそ自己都合だけで決められないのですね
うちの子たちは自閉なので自己都合で完結しちゃいましたけど


社会的存在としては
まわりの空気も読まないといけませんものね
休んだらまわりになんて言われるかな…とか
休ませなかったら休んだ子に「ずるい!」と言って
しまうかも知れないとか…
悩みはつきませんね

私が家庭療育に関わらせていただいているお子さんたちは
閉じ気味(薄い自閉症スペクトラム)の子が多いので
「ずるい!」の気持ちなど
「持たない方が幸せな気持ち」
「残念な考え方」
は低学年までに大部分消去しておくように意図的に働きかけていまして
これが有効なのですが

高学年まで持ち越した「妬み」の感情は
大人がサポートして消せるかというとちょっと難しいですよね
自分で乗り越えてもらうわけですから
受験直前に今更乗り越えろと言っても無理な話です

もし消せなかった子が休む子を妬んでいるのであれば
休ませたほうがいいかもしれません


もちろん
課題ドーンこれやっとけ!で
もし発がやるわけない
(親の不在時に適宜自主的に勉強をする子は発達障害ではなく神童です)ので
学校を休むことを許したら
親の力量の見せ所ですね

学校さぼってただぐーたらしてしまったわが子に対して
へとへとで仕事上がって小学校に顔出して平身低頭
買い物袋ぶら下げて帰宅したら
今日使ったゲームや漫画が手に取るようにわかる状態のリビング
そんなわが子を見ながら
にっこり「想定内!疲れはとれたね?」とほほ笑む精神力があれば
休ませて正解だったと思います

外に仕事があればそのイライラも寝るまでの数時間ですが
専業主婦のお母さんであれば一日中
「勉強しろと言うべきか言わざるべきか」
イライラとの戦いになります


もしかして発達障害、のお子さんの場合は
中学受験するならば
併願、滑り止め、固めておくのが定説です

でも
滑り止まらず…とか
ドロップアウト、となったときに備えておくことも
同じくらい大切だと考えています

地元中に行くことになったり
地元就職になっても
それなりに歓迎される
(少なくとも排除されない)ためには
小学校生活を馬鹿にしないこと
当たり前のようですが 大切なことです


小競り合いも大げんかも
異なる価値観に対する無理解から始まるのではないでしょうか

ひとはそれぞれ異なる価値観の中にあるわけですが
自分の価値観が絶対だと思う者がいるとトラブルになりやすいです

厳しく育てられている子は
甘い育児をされている子どもを
自分がされているのと同じように叱りつけます
親が甘い家の子が
厳しい親を持つ子に「うちの親がお前の親じゃなくてよかったー」などと言うのを聞くこともあります

勉強させない家の子は
勉強させる家の子をがり勉だとなじります


誰だって、自分が大切にしているものを馬鹿にされたら
悲しいです

多数派であれ少数派であれ
相手の価値観は尊重しましょう
特に登校児童=多数派であれば
登校するという価値観は尊重しないと自分が痛い目にあいますから尊重しましょう


(尊重する価値がないくらいひどいことをする子や
やたら絡んでくる子、先生がいるのであれば静かに休みます
妬まれたからと言って「じゃあお前も休めばいいじゃん」なんて言わずに
父親が心配性でさぁ 朝咳あったから行かせてもらえなくてー過保護で困るー
くらいの方便で済まさせればいいと思います
方便がニガテなら練習になりますし)

長々と書いてしまいましたが
今この瞬間都合のいい方を選ぶのが大切なのではなく
選んだ選択肢をを良いものにするという長期的な行動こそが大切ですよ(結局アドバイスになってなくてごめんなさいね…)

あなたとお子さんが
選んだものを良いものとされますよう 祈っておりますよ