にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

中学受験の1月 学校休むか 行かせるか

こんにちは、ただのおばちゃんです

 

「1月の小学校のことなんですけど…」

小学校ママ友と顔を合わせると

探り合い…のようになってとっても気まずいので、と

 

おそるおそる

利害関係なしの私に聞いてきてくださるのですが

 

私は空気読めないので

「悩みますよねぇ」

とか「わかります、私も悩みましたよ、みなさんどうなさるのか気になりますよねぇ 」

でお茶を濁すような定型向けの共感系返答ができず

 

「ぶっちゃけ!どっちでもいいからさくっと決めて、腹をくくるしかないよ!」

そして続けて

「休むと決めたら、

早寝早起き規則正しいいつもの生活を

おくりにくくなる

その点を重点的にフォロー」

「休まず通うなら、

懸案すべきは感染と疲労

対策として手洗いうがい顔洗いマスク、そして顔触らない」


決断をこちらにゆだねられたときは

うーん、

飽くまでも個人の意見であってそのまま受け取ってほしくはないのですが

と前置きしつつ


「学校が本人の心身にとって

ストレスならば欠席、

リフレッシュになるなら出席」


「欠席は担任に極力前もって伝える

基本的に毎日

親が配布物や宿題を回収に行く


調査書のお願いや欠席初日は

お土産や菓子折り的なものを

持参してコミュニケーションをとる」

 

お伝えしています

※先生のキャラにもよります

 

小学校教師、強がっていても人間ですから

小学校生活や授業をないがしろにされていると思うと

悲しいですよ

腹も立ちます

「ここであの子がまとめてくれる」みたいな役割になってる子がいないと

授業の進行も調整が必要になりますしね

 

行きたいけど、授業受けたいけど、余力がないダメ親子で申し訳ない

 

飽くまでも

「休ませていただく側」として

謙虚さがあるとないとで

中学受験生全体に対する風当たりが違ってくるのではないかなと思うのです

 

もちろん

中学受験絶対反対派・公教育原理主義の小学校教師は今も散見されます

そういった先生であればなおさら刺激しないように…



ありきたりで

何のアドバイスにもなってないのですが…

 

いやあ、だって、ご存じの通り

正解なんてないですから

 

納得して選択する、

選択に納得する、これしかないのですよね

それは受験の結果についても言えます

人生の選択全部そうだと思います

 

先生をきちんと立てながら

うまいことやっていきましょう

 

 ちなみに我が家は

休んだ子も休まなかった子も

どちらもいます


でも

勉強させる目的で休ませるのは

おすすめしませんよ 


我が家は

どちらが精神衛生によいかで決めました

メンタル大事です