にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

「もしかして発達グレー研究所」愛されキャラに育てよう!

生きにくい、だけど自力で生きるしかない「もし発」。己を知り、定型を知れば百戦危うからず!

正論?暴論?不登校対応に正解はあるのか

こんにちは、ただのおばちゃんです
温かい飲み物で体と心をあたためてくださいね

さて今日は
不登校で
ときどき私と遊んでくれるお子さんの
お母様からのご相談
「ただのおばちゃん先生だけは
不登校の理由なんて
親側で想定すればそれでじゅうぶん
理由を聞く合理性がないのに聞くな
と言う
おかしいのではないですか」

理由テキトーに話して 休みを勝ち取ったら
すぐあっさり忘れてくれるならば
聞いてもいいのですが
そんなの聞いても意味ないですし

発達障害傾向 特に自閉傾向があると
自分で作ったもっともらしい不登校理由に
自分が騙されてしまって
病んでいくことが往々にしてあります

例えば
物を壊された事実はないのに壊されたとか
もはや皆から無視されていて
誰も悪口さえ言わないのに
よってたかってバカ、しねと言われたとか

嘘をついて
クラスメイトを悪役にしてお涙ちょうだいする

親の同情が買えて、
ゲーム三昧の休み(ごほうび)がもらえる


これ、誤学習と言いまして
嘘をつくと、同情と休みと遊びが手に入る、

同情と休みと遊びがほしい

どんどん嘘をつく
となりやすいです

発達傾向ありの人が
ストレスが強くかかっているとき
特性をこじらせていく理由のひとつになっています
親に対し嘘や被害者アピール繰り返すことによって
クラスにおける疎外感を
自ら強めてしまいます

こうなったらもう
その学校に戻ることにこだわらないほうが
ハッピーかもしれないです

ですから、
こじらせる前
行きたくない、となったらその時点で
一定期間 休ませることを決めます
「行かないことを許す」のではダメです
「行かせない」のです

「集団に適応できていない」とみなして
学校は1週間なり3ヶ月なり、ドクターストップ

勉強、社会訓練、スポーツ、
地域との交流等のカリキュラムを
親が組み、
学校なしで、規則正しい生活をさせます

そして
学力の穴を埋めつつ
1対1あるいは小集団から
社会性の訓練をやり直します

現在では、上記のように
「まず、強権で休ませる」が
発達障害のお子さんの
不登校傾向への
いちばんよい対応だと言われています

(定型のように
社会の目であったり、
なんとなく行くべきかなといった
客観性が育っていると
自己修正が入りやすく

まわりはただ見守るだけで
本人がそのうち
学校へ行き出すパターンが比較的多いです

不登校全体を見ると、
定型のおさぼり不登校の割合がそれなりに多いので
「ただ見守る ひたすら見守る」
が定説になっていた時期がありますが

現在では発達障害の傾向のあるお子さんの
特性がきっかけになっていると想定される不登校は
見守りでは解決しないと結論付けられています)


私にできることは、
認知の歪みのある子が
誤学習せずに
あるいは誤学習を修正しながら

認知の癖を 自覚して
対処法を身に付けてもらうことのお手伝いです

なんといっても
「当たり前」が通用しない
「変な子」「変わった子」ですから

自分の子に合ってると思うものを
親が判断するほかないです

プロより親です

試行錯誤していきましょう